千秋のいじわるチロル〜千秋ちゃんへのメッセージ〜

「久しぶりです。ね〜?」
「え〜」
「千秋さんがアルバム『チロル』発売というコトでおめでとう!」
「おめでと〜ございます」
「ま、彼女の全部、あの、何?作詞作曲ということでね〜」
「ビックリですね〜」
「ね〜我々も色々デモテープの時点から色々聴きましてね」
「はい」
「あーだ、こーだ色々な意見を述べさせていただきましたけどもね」
「そ〜ですね」
「ウドくんはお気に入りの曲はどーいうのが?」
「私はやっぱりね、『おとめ』これにつきますね」
「なるほどね〜」
「なんか時分の気持ちを歌ってくれたんだなって思って」
「ん〜歌ってないよ」
「なんか、感謝します」
「あ〜そうなの」
「なんかね、どーしてもね千秋ちゃんのピタッとくる感性がね」
「ん〜」
「一緒のトコあるんですよね」
「私はその〜『snow』も含めですね」
「あ、はい」
「あの〜OLの歌がですね〜なんかちょっと、こう今までと違う感じで」
「い〜ですね。『ゴーゴーOL』ですね」
「え〜あれいいですね♪」
「え〜はい」
「他にも色々とね」
「あります」
「バラードもあり」
「はいはいはい」
「ハードロック系もありということですけどもね」
「そ〜ですね。アトランダムに宇宙にとんだ」
「は〜い、他にも『三日月』とか、ま『Bee』とかもね。
 『地平線』とかも入っておりまして。」
「はい」
「ま〜今までのソロ活動になってからのベスト盤みたいな感じ」
「そ〜ですね」
「ね?」
「これ一番気合入ってるアルバムですね」
「気合入ってますよ!これからが」
「はい」
「勝負ダニ!!」
「おっ、あっテルさんだ!」
「なんつって」
「(笑)それ最近推してる」
「これちょっと推してる、推してるんだけどね」
「(笑)なんつって」
「ま〜とにかく、これからがたぶんね、
 千秋さんが本腰入れてガンバル時期だと思うんで」
「そ〜ですね」
「一つ我々も陰ながら応援していこうかなと」
「いっちょかましてもらいたいですね」
「ね〜」
「最近・・・」
「最近ナニ??」
「いや、あの頃は良かったなと思うコトが多くて」
「うん。何が??」
「ポケビの頃・・・」
「ポケビの頃(笑)懐古主義なんだ。けっこう」
「え〜はい、だんだん」
「そ〜ですね。だんだんとね〜。ま、千秋さんもひとしきりあったらポケビに方も」
「はい」
「一回くらいね〜ちょっとやってもらいたいな〜なんてね〜」
「いいですね〜考えてるんですね」
「うん。え?ワシ?」
「ええ
「ワシかね?」
「ええ」
「ワシはもう千秋が一人前になったら。これ、も〜いつでもOKダニよ!」
「本当ですか!?ありがとうございます」
「いや、お前とは約束してないけども」
「僕のギター聴きたいでしょ〜?」
「お前とは約束してないっつーの」
「いや、僕は千秋ちゃんのバックでギターが弾きたいんですよ〜」
「なるほど。千秋聞こえたダニか?」
「はい」
「ね。我々も応援していますので、1つガンバッテいただきたいと思います!」
「ガンバッテ下さい!」

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース